生活が苦しかった

  • 投稿日:
  • by

私は学生の頃、生活費が足りなくて学生ローンで借金をしました。

当時私は都内で一人暮らしをしていました。理系の大学に通っていたため忙しく、アルバイトもできずにいました。奨学金も借りて出来るだけ節約して生活するようにしていたのですがどうにもお金が足りなくなってしまいました。

私の家族は母子家庭で貧しかったので、お金が足りないなどと親には言い出せませんでした。しかし、あるとき学校でノートパソコンを購入しなくてはいけなくなってしまいました。

当時40万円ほどしたと思います。当然貯金などありません。

しかし、ノートパソコンを購入しないと、単位も取れなくなってしまうのでどうにかしなくては、と思いました。お金がないことなど、恥ずかしくて誰にも相談できないでいた私は、ついポストに入っていた学生ローンの業者に連絡してしまいました。

借りるときはとてもドキドキしました。しかし、書類などをきちんと提出するとすんなりお金が借りられて拍子抜けしたのを覚えています。その後、やはり怖くなったので、長期休暇に水商売をして一気に返済しました。

返済した後も、融資の案内のはがきが何度も来て、親や恋人にばれるのでは、とびくびくしていました。